スキンケア

どんなスキンケアをしても何も合わない!そんな方向けの美肌を作るコツ4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どんなスキンケアグッズを使っても、まったく肌に合わない。

基礎化粧品と言われるものをいろいろ使ってきたが、むしろ肌が荒れることばっかり。

口コミサイトを見て、色んなものを試してみたけど、どの化粧品も肌に合わずに、お金だけが消えてゆく・・・。

基礎化粧品あるあるだと思います。

 

そんな方には、一度基礎化粧品から徐々に離れていくことをオススメします。

最初から、いきなりすべてのスキンケアグッズから離れてしまうと、おそらく肌が猛烈に荒れてしまいます。

徐々に化粧品から離れてみて、少しずつ肌質の改善を目指してみませんか?

 

▶この記事でわかる事

  • 化粧水なんていらない。捨ててしまおう。
  • 大事なのは、「肌本来の保湿力を取り戻すこと」。
  • 洗顔では、汚れだけを落とすこと。落としすぎは何をしても肌が荒れる
  • それでもダメならメイクを見直す

まずは化粧水は捨ててみよう

すべての化粧品をいきなり使わなくするのはあまりにもリスクがあります。

化粧水、乳液、美容液などなど、、

まずは、一番影響が少ない「化粧水」を使わない時期をつくってみませんか?

 

化粧水を塗ると確かに塗った後は潤いがたっぷりあるように思えます。

しかし、化粧水を塗ったけど次の日の朝にはあの潤い感はなくなり、もう乾燥が始まってしまいますよね。

 

化粧水は決して肌には浸透しません。

肌の表面に関しては確かに潤いますが、表面だけ。

だからすぐに蒸発してしまい、乾燥が始まってしまうんです。

 

瑞々しさが増し、肌に透明感やハリを感じきれいに見えるようになります。

この見た目のよい変化は嬉しく感じると思います。

だから、たっぷりとつけたくなってしまうのではないでしょうか。

その気持ちはわかります。

でも残念ながら、そう見えるのは水分を吸い込んで膨らんでいる間だけ。

一時的なもので、本当に肌がきれいになったのでも肌質がよくなったのでもないのです。

 

水分の蒸発とともに角質層はしぼみます。

時間の経過とともに肌に乾燥を感じだし、見た目も化粧水をつける前の肌の感じに戻っていきませんか?

「水分が逃げないように、最後にフタをする基礎化粧品をつけるとよい」と説明されると思いますが、

「メイク効果」を持続させるために「フタ」をしても、本当の意味で肌がよい状態になるわけではありません。

 

そして多くの化粧水に含まれる合成界面活性剤が悪影響を及ぼすこともあります。

お肌にとって悪いものが含まれるものを、せっせと使ってしまうのはお肌にとっては良くありません。

 

化粧水自体は、決してお肌にとっては必要なものではないんです。

 

化粧水で潤いを入れることよりも、はるかに「肌本来の保湿力」を取り戻すことのほうが大事。

そのためには、健康な食事と良質な睡眠をとることが大事です。

 

どんな化粧品を使っても肌に合わないとお悩みの方。

普段使っているスキンケアグッズから、「化粧水」を捨ててみませんか?

 

 

次に洗顔を見直してみる

洗顔。

一番軽視されがちですが、スキンケアの中で一番重要なステップです。

お肌にとって一番悪影響を及ぼすのは、汚れをそのままにして長時間放置してしまうこと。

これは次の日ニキビなどの原因になりがちです。

 

まずはお肌をきれいな状態にすること。

これが一番のスキンケアです。

 

ただ、洗いすぎは決して良くありません。

そして使っているものによっても肌が荒れる原因になります。

 

例えば、食器洗い用洗剤。

この食器洗い用洗剤をずっと使っていると、すぐに手が荒れてしまいますよね。。

これは、洗顔料にも言えることで、使っている洗顔料があまりにも強い洗浄力を持っていると、

お肌を荒らす原因にもなってしまうのです。

 

なぜ強い洗浄力を持つ洗顔料を使うと肌が荒れてしまうのか?

それは、お肌に必要な皮脂をすべて取り除いてしまうこと。

そして洗浄物質に含まれる毒性の二つが原因なんです。

 

皮脂というと、テカリのもとでお肌にとって悪影響を及ぼすものと思いがちですが、

天然の乳液で、潤いを保つお肌にとって一番重要なものなんです。

皮脂をすべて取り除いてしまうと、お肌に水分を残してくれる成分がなくなってしまいます。

 

適度な洗浄力を持つ、洗顔料を使うようにしましょう!

「合成界面活性剤不使用」のものが、洗浄力が高くないものの選び方です。

洗顔料には、できる限り化学成分が入っていないものをチョイスするようにしましょう。

 

それでも肌荒れが気になるようであれば、メイクを見直そう

メイクはお肌にとって異物。

決してお肌に良いものではありません。

ファンデーションも、紫外線対策にはいいものかもしれませんが、決してお肌にいい影響を与えるものではありません。

 

また、アイメイク周りでよく使われる「ウォータープルーフ」のもの。

これは水で確かに流れませんが、逆にいうと「なかなか落ちない汚れ」でもあります。

 

メイクは確かに崩れないもののほうが良いですが、崩れない = 落ちにくい ものでもあるんです。

そのメイクを落とすときには、洗浄力の強いものを使わざるを得ません。

そうなると、ファンデーションだけでなく、お肌にとって必要な皮脂もすべて取ってしまう原因にも。

 

自分の肌荒れが気になるから、カバー力の強いメイク用品を使いたくなりますが、

それはより肌荒れを促進してしまう原因にもなりがち。

 

そこで、メイクを「せっけんオフ」できるもので選んでみましょう。

そうすれば、洗浄力の強いクレンジングを使う必要がなくなり、洗浄力の強い洗顔料を使う必要がなくなります。

 

しかもせっけんオフできるものは、肌への負担が少なくてすみます。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

化粧品に頼らない、自立した美肌を目指してみませんか?

色んな化粧品を試してみたけど、乾燥肌が治らない、、
敏感肌だから、ちょっと日焼けとか寒くなったりするとすぐ顔が赤くなってしまう。

そんなお悩みをお持ちの方。

一度スキンケアの方法を見直してみた方が良いかもしれません。
スキンケアは「お肌に足りないものを与える」ものではなく、
むしろ化粧品に頼らない、自立したお肌へ導くことが正しいスキンケアです。

植物の恵みを利用して、肌が自ら美しくなろうとする、自立したお肌を目指してみませんか?

そのために大事なことは「肌のバリアを壊さない」こと。
肌のバリアは、合成界面活性剤や防腐剤など、合成成分ですぐに壊れてしまいます。

つまり、合成成分を使用せず、自然の成分だけでケアしてあげることが一番です。
自然の恵みをスキンケアに利用してみませんか?

エタージュリフレッシュソープは、漢方の研究医グループの10年の研究と4年にわたる臨床試験の末作られました。
原材料は全て自然のものだけ。
14種類の和漢植物から抽出したエキスを40倍にも濃縮した美容エキスを使用。

自然の恵みをぎゅーっと詰め込んだこの石鹸で、自慢したくなる美肌を手に入れませんか?

詳細はこちら

     

コメントを残す

*