健康コラム

ニキビができる場所でわかる体調不良とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

0317_03

今まではあまりニキビができなかったのに、最近になってよくできるようになってきた。

こんなお悩みありませんか?実はそのニキビはお肌が原因ではなく体の不調によるものかもしれません。

どんな体調不良がどこにニキビを発生させるのか?についてご紹介します。

体調不良からニキビができるメカニズム

ニキビができるのは何らかの理由で毛穴に皮脂が詰まってしまうためです。
この皮脂のつまりを引き起こす原因となるのが、ホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れ、便秘、栄養不足といったものです。
ニキビができるのは、単純に肌だけの問題ではないということをまず理解しておきましょう。

Tゾーンである額は皮脂腺がとても多く油っぽくなりがちです。
また、髪の毛が額に触れて整髪料が額についたり、髪をかき上げるときに触れる手の刺激もニキビの原因となります。

額にはニキビが出来やすい環境が揃っており、ホルモンバランスの崩れ、ビタミン不足、ストレスが生じるとさらに皮脂分泌に影響が生じて額にニキビができやすくなります。

顔の中でも面積が広い頬のニキビには様々な原因があります。

まず、胃腸や肝臓の機能を低下させるとニキビができやすくなります。
これは甘いものや刺激物、そしてアルコールなどが直接の原因です。
これらの食べ物や飲み物を取りすぎると肝機能を低下させ、その結果免疫力が低下してニキビが発生します。

次に、ストレスやホルモンバランスの崩れによる乾燥も頬のニキビの原因になります。
特に生理不順がひどかったり、ストレスを強く感じている方はホルモンバランスが乱れている可能性があるので要注意です。

そして、頬への刺激もニキビの原因となります。
うつぶせで寝ることによる枕の刺激、洗濯に使用している洗剤の刺激などが知らぬうちにニキビを作るのです。
体調面で問題がないのにニキビができる方はこの点を見直してみましょう。

額と共にTゾーンを形成する鼻は、とても皮脂が多い部分であり、他に比べて毛穴が深く皮脂が溜まって炎症を起こしやすくなっています。
また、鼻をかんだりすることで手で触れることが多くなり、細菌がつきやすいのも原因です。

鼻そのものにできるニキビは毛穴の炎症によるもの、鼻周りにできるニキビはホルモンバランスによるもの、と考えられます。

生理に関係するホルモンバランスの崩れ、胃腸不良により皮脂分泌が正常に行われないことで、鼻周辺のニキビが発生します。

口周り

口の周りの狭い面積の中には、毛穴が密集しているためニキビがとてもできやすくなります。

暴飲暴食や栄養不足によって肌のターンオーバーの周期が乱れると口周りにニキビができます。
また、胃腸が弱った場合もニキビができると考えられます。

顎も皮脂腺が多い場所であり、油っぽくなりやすいのでニキビができやすい場所です。
また、男性にの場合はヒゲが生える部分ですので、男性ホルモンの影響も大きい場所です。
消化器系の不調や栄養不足、暴飲暴食によってホルモンバランスが崩れるとニキビができやすくなります。

ニキビの原因を知って対策を

ニキビの原因を知って対策を

ニキビができやすくなったからといって、間違ったスキンケアをすればますますニキビは悪化します。
大切なのは、そのニキビの原因はどこにあるか正しく把握することです。
体調面に原因があると疑われる場合は、生活面を見直してニキビを減らす努力をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る