ニキビ

強烈ニキビ肌でメンタル崩壊した思春期。やって後悔したニキビ肌の人がやってはいけないこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どうもこんにちは。
管理人です。

私は、幼稚園~小学校でアトピーを。
中学校~高校で誰にも負けないほどのニキビを。
社会人になって強烈な乾燥肌を。

私の人生で肌が落ち着いていたことなんて、滅多にありませんでした。

以下が私の肌人生グラフです。

いろいろありましたが、
特に一番つらかったのは、思春期真っ盛りの中学校~高校でのニキビ。

思春期のニキビは本当につらかった。
でもそれ以上に、ニキビによってやられたメンタルが一番つらかった。

同じようにニキビで悩んでいる人もいっぱいいるはず。

そんな方へ、

・私の体験談と、
・絶対にやってはいけないこと

を送ります。

※私がニキビを治した方法については、こちらの記事で紹介します。

ニキビとの闘い|ニキビで私のメンタルはボロボロに。

ちょっと先ほど触れましたが、私は幼稚園~小学生の間はひたすらアトピーでした。
かゆくてしょうがなかった幼少時代でしたが、親の努力のおかげでアトピーから脱出。

肌にもう困らなくて済むようになったかなと、小さいながらにもほっとしましたが、
その安堵もすぐに終わりました。

ニキビが大量に出てきたんです。

そして周りにここまでのニキビができている人など誰もいないくらいニキビ顔に。
正直自分でもびっくりなほど。

小学校にてアトピーから解放された私はすごくアクティブになっていました。

でもニキビがひどく出来てから、で外にも出たくなくなり、何事もすごく消極的に。

思春期で肌が汚いと、本当に外に出たくないんですよね。
繊細な時期だから、肌が汚いだけですごくネガティブになる。

「この顔だから、みんなにいじめられるかも。」

ニキビ肌になった私はそんなことを考えるくらい、マイナス思考でいました。

思春期ニキビが人並みくらいであれば、全然ここまでならないと思います。
ただ、ひどい場合だとすごい落ち込んでしまうんです。

この時は本当につらかった。

たかがニキビで?って思う人いるかもしれない。

私にとっては本当につらかった。
肌をいったん全部火で焼こうか、本気で悩んだほど。

そんな私でしたが、高1の時にはニキビがなくなりました。
高2でニキビ跡がだいぶ落ち着きました。

肌がきれいになることで、気持ちも行動も変わりました。

ニキビで困っている方が絶対にやってはいけないこと

ニキビで困っている方。
特に中高生のみなさん。

私の経験と、今まで学んだ知識から、ニキビで悩んでいる方が、絶対にやってはいけないことをまずお伝えします。
この後記載する、私がニキビを改善させた3つの方法をいくらやっても、これをやってはすべてが無意味です。
だから絶対に以下のことはしないでください。

1. 母親の化粧品は絶対に使っちゃいけない。

ニキビなど肌で悩み始めると、とりあえず化粧品を使ってみよう、と思いますよね。
私もそうでした。

でも、中学校や高校生だと、お化粧は持っていても、
自分専用のスキンケアグッズはあまり持っていない人も多いことでしょう。

そんな状況だと、ついつい手を出すのが、「母親の化粧品」ですよね。
私も母親の化粧水や乳液、美容液など、ありとあらゆる母親の化粧品を使いました。

でも使った結果、何もいいことなんてありませんでした。
むしろニキビは悪化しました。

なぜ母親の化粧品は使っちゃいけないのか?なぜニキビが悪化したのでしょうか?

その理由は簡単です。
母親の化粧品は大抵「油分」を補給するためのものだからです。

中高生の母親の年齢だと、大体30 ~ 50歳くらいですよね。

この年齢の女性が使う化粧品は、
・お肌に潤いを与える
・お肌に油分を与える

この2つを目的としているものなんです。
決してニキビを直すためのものではありません。

「これ使うと私は吹き出物ができないのよ」なんて母親が言っても、鵜呑みにしないでください。
ニキビができる原理が違います。

母親の年代のニキビは「乾燥」が主な原因。
中高生のニキビは「過剰な皮脂」が主な原因です。

まったくもってニキビの原因も違うんです。

しかも化粧品はお肌にあったりあわなかったりする。
母親のお肌にあっても、決してあなたの肌に合うわけではありません。

そして化粧品は必ずしもお肌を良くするものではありません。
肌を悪くさせることだってあるんです。

だから、お母さんの化粧品は絶対に使わないでください。

2. スクラブ入りの洗顔料は絶対に使っちゃいけない。

スクラブ入りの洗顔料って本当に気持ちいいんですよね。
すごくさっぱりするし、顔の汚れや脂が全部取れて、清涼感たっぷり。
私も使ってました。

でも使ったらなかなかニキビ治りません。

スクラブっていうのは、肌にとってはヤスリみたいなもの。
肌を傷つけてしまうんです。

ニキビを直すためなのに、お肌をきれいにするために洗顔をするのに、
肌を傷つける必要は一切ありません。

皮脂や汚れを落とすためなら、もっといい方法が他にあります。
(詳細は後述します)

洗顔は自分で簡単にできる、非常に有効なニキビ対策です。
洗顔はしっかりこだわってくださいね。

「健康に悪いもの」は食べてはいけない

マクドナルドやケンタッキー。
美味しいんですよね。

しかも友達とどこか食べに行こう、って時にはファストフード行くことが多いですよね。

絶対行くなとは言いません。
何なら私はいじめられたくなかったから、友達の誘いは全て行っていました。

しかも毎回マクドナルドに。

でも受験などでみんな忙しくなり、全く行かなくなってから私のニキビは大きく改善しました。

食べるものでニキビは大きく変わります。

体によくないものを食べるとニキビは悪化します。

逆に体に良いものを食べると、ニキビは徐々に改善してきます。

私たちの普段食べているものは、全てが体に良いものだけではありません。
防腐剤や着色料など、体にとって毒になるものが入っているものは非常に多いです。

摂取した毒は、肌にとって悪影響を及ぼします。
ニキビなどの吹き出物を作る原因にもなります。

まずは、体にとって毒なものを食べないようにしましょう。

「健康によくない」イメージを持っている食べ物は、大抵毒がいっぱい入ってますよ。

最後に

今ネットではいろんなニキビに対する方法があります。

でも上に書いた3つに関しては、絶対にやってはいけない。
自信を持って言えます。

私は本当に思春期をニキビで悩み続けて本当に後悔しています。

だって私の思春期はニキビで半分以上終わってしまったから。

思春期はあっという間に過ぎてしまいます。
友達と楽しい時間を過ごせる、何かに没頭できる貴重な時間です。

そんな貴重な時間だからこそ、ニキビなんかに悩んで欲しくない。

まずは私の経験から、やってはいけないことを紹介しました。
次回は「私がやったニキビを直すための方法」をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

化粧品に頼らない、自立した美肌を目指してみませんか?

色んな化粧品を試してみたけど、乾燥肌が治らない、、
敏感肌だから、ちょっと日焼けとか寒くなったりするとすぐ顔が赤くなってしまう。

そんなお悩みをお持ちの方。

一度スキンケアの方法を見直してみた方が良いかもしれません。
スキンケアは「お肌に足りないものを与える」ものではなく、
むしろ化粧品に頼らない、自立したお肌へ導くことが正しいスキンケアです。

植物の恵みを利用して、肌が自ら美しくなろうとする、自立したお肌を目指してみませんか?

そのために大事なことは「肌のバリアを壊さない」こと。
肌のバリアは、合成界面活性剤や防腐剤など、合成成分ですぐに壊れてしまいます。

つまり、合成成分を使用せず、自然の成分だけでケアしてあげることが一番です。
自然の恵みをスキンケアに利用してみませんか?

エタージュリフレッシュソープは、漢方の研究医グループの10年の研究と4年にわたる臨床試験の末作られました。
原材料は全て自然のものだけ。
14種類の和漢植物から抽出したエキスを40倍にも濃縮した美容エキスを使用。

自然の恵みをぎゅーっと詰め込んだこの石鹸で、自慢したくなる美肌を手に入れませんか?

詳細はこちら

     

コメントを残す

*